ニュース和歌山掲載されました

ニュース和歌山掲載して頂きました。

ニュース和歌山様、感謝しておりますm(_ _)m  

 

昨日は、FMバナナに出演させて頂き、

《多目的野球道場⚾️ライジングスター💫》

のPRをさせて頂きました。

FMバナナ様、有難うございました。 

本日は、先日取材に来て頂きました、

《ニュース和歌山》

さんに取り上げて頂きました٩(^‿^)۶ 

私の目標・使命は、

☆少しでも多くの子どもたちに、野球を知ってもらい、野球を通じて様々な事を伝えていく

事です。

そして、1人でも多くのプロ野球選手、メジャーリーガーが、ここライスタから出てくれれば幸いです(^^)

私の野球の経験なんて、たかがしれています。

しかし、私の周りには、素晴らしい指導をされる、元プロ野球選手や元メジャーリーガーの、凄い経験をしている方がたくさんおられます。

その方たちの経験談や、指導方法等も吸収し、子どもたちに伝えていければ良いなと思っております٩(^‿^)۶

という事で、野球をやっていない子どもも、気軽に寄り、野球を楽しんでもらえれば幸いです٩( ᐛ )و 

本日の短歌

若き頃

あれしておけば

思うこと

今の子どもに

伝え導く

あの時に、あれをしておけば、もっと可能性が広がったかもしれない。

《今しか出来ない事は、たくさんある》 

野球少年たちに、将来の夢を聞くと、返ってくる答えは、

数人だけが、プロ野球選手

と、答えるだけで、後は、わからないとか、ユーチューバーとか、様々な答えが返ってくる。

10年前とは、あきらかに違う答えが返ってくる。

野球が好きなら、みんな無邪気に、叶う叶わないは別として、プロ野球選手や、メジャーリーガーを目指して、野球をやってもらいたい!

昔は、みんなピッチャーをやりたがり、ピッチャーがダメなら、キャッチャーへ、キャッチャーが空いていないなら、ショートへ、

このように、試合に出たいが為に、色々なポジションを勝手に守ったもんです。

しかし、今は、ピッチャーの子はピッチャーしかしない。

ショートの子はショート!

同じ内野なのに、セカンドは守った事がないから、出来ないという子どもがたくさんいます。

※そういう子どもだけではございません。

あくまでも、10年前、20年前に比べて、増えているという事です。

という事で、長々書きましたが、結論から言いますと、子どもは、子どもらしく、無邪気にやりたい事をやったらいいんです٩(^‿^)۶

子どもの内に、可能性を閉じ込める必要は、ないんです٩( ᐛ )و 

という事で、その辺も含めて、

多目的野球道場⚾️ライスタ

では、子どもたちの可能性を広げてあげたいと考えております。

日々是好日

野球出来る事に感謝

全ての事に感謝m(_ _)m

関連記事

  1. プロ野球選手への近道

  2. 出張野球教室in大阪

  3. 安佐ボーイズ卒団式

  4. 卒業式祝辞

  5. 松本杯野球教室

  6. 安佐ボーイズ出張指導